Scene 1

オープニング



LE01.jpg
[Intro: streets of New York, Little Italy, "Supreme Macaroni Co."]

TONY: [lights a cigarette]
「Allora, come stai, Leon ?」
調子はどうだ。レオン。

LEON:
「Bene.」
いい

TONY: [stubbing it out]
「Okay, okay. Let's talk business.This fat bastard is trying to move in on Maurizio's business. Now you know, Maurizio is a reasonable guy, he just wants a little conversation. But this guy, he don't wanna hear about it. Maybe he'll listen to you. He comes to town every Tuesday. Are you free Tuesday?」
OK 仕事の話をしよう。最近このブタ野郎がモリッツオ氏のシマを荒らしている。彼は話し合いを呼び掛けているが男は無視をしている。そこで出番だレオン。ヤツは毎週火曜にやってくる。火曜は空いているか?

LE02.jpg
LEON:
「Yeah, I'm free Tuesday.」
ああ、火曜は空いている。

[drinks up a glass of milk, takes the photo]


["Fatman"]
[Fatman and his bodyguards enter a hotel]

RECEPTIONIST:
「Nice to see you again, Mr. Jones.」
ジョーンズ様。またお会いしましたね。

FATMAN:
[to one of his men]
「Remember, neatness counts. You got one half hour. Aah.. one hour.」
うまくやれよ。30分でだ。 いや1時間だ。
[a shadow falls upon the receptionist, Fatman is contacted via walkie-talkie]

FATMAN:
「Yeah, what?」
どうした?

TONTO:
[a gun pointing at his face]
「This' Tonto downstairs. There's a guy who wants to talk to you.」
トントです。客人が話しがあると。
FATMAN:

「What's he look like?」
どんなヤツだ?

TONTO:
「Serious.」
危険です。

LEON:
「Tell him I'm coming up.」
そっちに行くと伝えろ。

TONTO:
「He's coming up.」
今、上へ。
[silenced gunshot]

FATMAN:
「Somebody's coming up. Somebody serious.」
誰かが来る。ヤバイヤツだ。

BODYGUARD:
[to the walkie-talkie]
「Mickey, open your eyes, we got company.」
ミッキー 客人だ用心しろ。
[bodyguards check the stairway]

BG CHIEF:
「We got company.」
客人だ。

[notices the activated elevator, motions to his men]
「Come on. 」
来るぞ
[take position in front of the elevator, shoot as soon as the door opens]

BG CHIEF:
「Stop! Stop men!」
撃つのやめろ
[look at Tonto's lifeless body]

FATMAN:
「Tonto..」
トント・・・

BG CHIEF:
「Tell the driver to wait for us out back, and hurry up.」
ドライバーに下で待つように伝えろ。急げ。

[checks the elevator, hears a silenced gunshot coming from the stairway; is pulled down by Leon as he bends over the banisters]


BLOND BABE:
「Hey sweety, what's going on?」
どうしたの?

FATMAN: [quickly collecting money from a drawer]
「Don't worry baby. It's cool. Take a nap.」
心配するな 寝てろ。

[Mickey gets hung by Leon]

FATMAN: [sees Mickey on the monitor]
「Oh my god. Those fuckers blocked both of the exits. Check the terrace!」
畜生。裏口をふさがれた。 テラスを見てこい。
[three remaining bodyguards get shot on the terrace behind the shade]

FATMAN:
「Hey! Yo!」
おい どうした?

[Leon peers through a hole in the shade; Fatman wildly fires at him with his machine gun; runs through the apartment, finds the back door blocked, takes a phone and calls the police]

SERVICE:
「911 emergency.」
警察です。
LE03.jpg

FATMAN:
「I need help! Somebody's trying to kill me!」
助けてくれ。誰かに殺されそうだ。

SERVICE:
「Alright, just stay on the line, I'll just be off for a moment... Sir, I wanna connect you with an officer.」
解りました。そのまま切らずにお待ちください。時間はおかけしません。(担当の)警官につなぎます。

FATMAN:
「Okay.」
わかった。

[surprised by Leon, who places a knife at his throat]

OFFICER:
「Detective Jefferson, may I help you?」
ジェファーソン巡査です。どうしました。
LE04.jpg
FATMAN:
「I'll call you back. Hey, relax man. I got half of Bolivia sitting in those suitcases over there. (It) hasn’t even been cut yet. Go ahead, take it, it’s yours.」
かけ直す。落ち着け。向こうのスーツケースにヤクがある。まだ分けていない。持っていけ。お前のだ。

Bolivia:これはボリビアという南米の国名ですが、麻薬産地を表わしています。

LEON: [takes out a piece of paper]
「Dial this number.」
この番号を回せ。

BLOND BABE: [frightened, trying to look friendly]
「I'll talk to you later sweetie, okay?」
また電話するわ。じゃあね。

FATMAN:
「Hello?」
もしもし?

MAURIZIO: [on the phone]
「This' Maurizio. Remember me? I see you're back in town?」
モリティオだ、覚えてるか。街に帰ってきたようだな。

FATMAN:
「Yeah - No, I mean no. Just for today.」
ああ、いや違うんだ。今日だけだよ。

MAURIZIO:
「Aha. So it's safe to say today's your last day in town and we'll never see your fat fucking face again.」
すると今日がお前のツラをこの街で拝める最後の日ってわけか。

FATMAN:
「Yeah.. right.」
ああ、そうだよ。

MAURIZIO:
「Lemme speak to our mutual friend.」
俺の友達と代わってもらおう。

Lemme = Let me

FATMAN:
「He wants to talk to you.」
彼はあんたと話したいそうだ。

LEON: [takes the phone]
「Yes.」
はい。

MAURIZIO:
「Make sure he understands, then let him go.」
あいつが解ったかどうか確認して逃がしてやれ。

Let him go. 彼を逃がしてやれ 放してやれ Let me go.放してください

[sirens in the background]

LEON:
「Do you understand?」
わかったか?

FATMAN: [nods]

LEON:
So say it.
(わかったなら)そう言え。

FATMAN:
「I-I understand.」
ああ、わかったよ。

LEON:
「Good.」
よし。

FATMAN:
「Jesus..」
ああ、助かった。

  • 最終更新:2015-11-12 15:30:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード